■代表者挨拶

       当社は昭和2年、北海道室蘭市において濱野組として誕生し、日鉄輪西製鉄所(現日本製鉄株
      式会社室蘭製鉄所)構内において、スクラップ類の切断・解体等を主な業務として行っておりま
      した。

        昭和19年、初代社長が考案した濱野式小割固塊破砕機の実用新案特許が認められ、日鉄との
      直接契約を結ぶことになり、スクラップ類の切断・解体等のほか、パイレン破砕作業(鉄塊の落
      下により対象物を破砕する作業)がスタートしました。
   
       昭和24年には、実用新案特許による1号三又パイレン機が完成しこの完成を記念して創立記念
      日といたしました。その後、高炉の解体作業なども手掛けることになり推移してまいりましたが
      昭和33年、経営基盤の強化を図るため、濱野組を法人化し株式会社濱野組と改組、そして昭和
      37年更なる進展を祈念し濱野鋼業株式会社と現在の社名へと変更いたしました。

       昭和48年、名古屋支店の始まりとなるべく名古屋出張所を開設することになり、昭和49年、名
      古屋製鐵所との直接契約を行いましたが、慣れない環境から大変な苦労と努力の連続が続きました。そして開設から10年後の昭和58年、
      出張所から支店へと昇格し現在に至っております。

       半世紀以上の期間、本社では、原料・焼結・高炉関連の作業請負企業として経営を行ってまいりましたが、昭和60年代相次ぐ合理化の
      影響等もあり、平成4年より作業請負企業から工事企業への業務転換の要請を受け、新たに工事会社の指定を受けることになりました。

       昭和63年に鋼構造物工事、機械器具設置工事、とび・土工コンクリート工事の建設業許可を取得し、現在では製鉄所構内設備の点検・
      整備・修理、構造物の製作・据付、全国の高炉改修時におけるランス切断解体作業、ベルトエンドレス施工、などを主な業務として運営
      しております。中でも高炉改修時におけるランス切断解体作業は、歴史が長いこともあり、その技術を評価していただいております。

       支店では、高炉樋整備作業に従事しております。高炉ではコークスの燃焼により鉄鉱石などの原料が溶解され、高温液状の銑鉄が出銑
      されます。その際、銑鉄は樋と呼ばれる道を流れ出銑されていきますが、銑鉄は約1,550℃と非常に高温なため、樋は常に点検・補修・
      修理を必要とします。この作業を樋整備と呼び、長年の経験から得たノウハウにより、高炉安全・安定操業の一翼を担っております。

       資格取得や勉強会等の開催及び講習等による人材育成、管理者訓示による安全意識の向上、現場パトロールによる安全及び環境の維持
      災害事例の展開や危険予知の充実、ヒヤリハットの摘出や相互注意によるリスク低減活動、作業標準書の読み合わせ等による禁制事項の
      確認、リスクマネジメントによる危険性や有害性の排除、コンプライアンス及び内部統制によるルール違反の排除や防止、自主管理活動
      及び改善提案による合理化やコスト削減案の積極的な提案、新卒者及び中途採用者の計画的採用による人材の確保など、常に成長し続け
      られる企業を目指し日々業務を遂行しております。

 

     ■社 是

       和・誠実 ・感謝

         和 :互いに相手を尊重し、協力し合う。
         誠実:私利私欲を交えず、真心をもって人や物事に向き合う。
         感謝:ありがたいと思う気持ちを忘れずに、業務に励む。